諏訪森だより

特定非営利活動法人浜寺諏訪森を考える会

南海本線連続立体工事説明会報告書

1. 南海本線連続立体交差事業の鉄道工事全般の進捗に関する地元説明会

平成28年2月に、浜寺地域の住民に対する説明会が、地域内の小学校などで数回に分けて開催されました。

       

2月10日(水)19:00~21:00昭和小学校体育館
2月11日(祝・木)14:00~16:00浜寺小学校体育館
2月12日(金)19:00~21:00浜寺石津公民館
2月14日(日)19:00~21:00昭和小学校体育館
2月17日(水)19:00~21:00パンセ羽衣(高石市羽衣公民館)

2. 堺市連立担当課長のご挨拶

南海本線連続立体交差事業のあらましと説明会開催の趣旨

連続立体交差事業とは、鉄道を立体化させることにより都市交通の円滑化を図ると共に、分断された市街地を一体化することにより都市の活性化を図る、都市計画事業であります。

本事業は都市計画事業として実施されます。事業主体は堺市で、側道工事、用地買収等は堺市が実施します。鉄道工事については南海電鉄が実施します。 本事業は平成17年8月23日に都市計画が決定されました。そして平成18年11月7日に事業認可を受けて、事業がスタートしました。事業の完了予定は、平成40年3月末となっています。

工事始点は石津川付近、工事終点は羽衣駅付近となります。工事範囲の全長は約2.7kmです。

本事業によって、諏訪ノ森駅と浜寺公園駅が高架駅となります。それにともない、7箇所の踏切が無くなります。そして、高架完成後15箇所で、横断可能になります。高架の両側には側道が整備されます。

これまで、用地買収、それから各種設計などを進めまして、現在諏訪ノ森駅、それから浜寺公園駅の駅部の一部工事にも着手しております。このたび、この取り組みが進んできまして、事業区間全体に於いて鉄道工事に入れる準備が整って来たということで、このたび、鉄道工事説明会を開催するものでございます。

3.南海電鉄からの工事の説明などの要約

南海電鉄より工事の内容について、時系列にしたがい、また、工事区分毎に詳細な説明がありました。この報告書は、堺市区域の工事についての報告を主体に記載していますが、堺市区域の工事に関連して、先行して工事が行われている高石区域の高架路線との接続手順についても説明がありましたので、この部分については付記として別の報告書にまとめました。また、工事に関連して、機材の搬入などのアクセス道路についても説明がありましたが、これは割愛しております。

以上二つの報告書は下のボタンをクリックするとご覧頂けます。

南海本線連立工事についての説明会報告書本文 付記 堺市区域と高石区域の高架路線接続要領説明書